send link to app

Muscle Trigger Point Anatomy


医療
2 usd

一般的なトリガーポイントと70以上の筋肉の関連痛パターンを解説しているアプリケーション。100以上のトリガーポイントと解その関連痛パターンを分かりやすく説明しています。各筋肉の解説画面では関連痛パターンとトリガーポイントの位置を分かりやすい図で表示してあり、筋の作用、関連痛パターン、またその筋の特徴を文章でわかりやすく説明しています。
Muscle Trigger Pointsアプリではリストから各筋肉を選択するか、または全体図から人体各部位を選び、その部位に関連する筋肉を選択することもでき、部位別の痛みの原因を確認したい時にとても便利です。
トリガーポイントとは筋肉の中の硬結(硬く緊張している部位)のことで、痛みの原因として考えられている部位のことです。トリガーポイントが原因の痛みは、必ずしもそのトリガーポイント周辺に痛みがでるわけではなく、むしろ体の別の場所に痛みを引き起こす原因と考えられています。このアプリケーションはマッサージセラピスト、理学療法士、カイロプラクター、または筋の痛みの原因を見つけたいと思う全ての人に非常に役に立つアプリケーションであり、また筋の作用を学習する上でも有効です。